CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

CATEGORIES

archives

2014.06.21 Saturday

スタッフプロフィール

0
    〈スタッフプロフィール〉
     

    kashiwagi 柏木 陽 (かしわぎ あきら)
     演劇百貨店代表/演劇家


     1993年、演劇集団「NOISE」に参加し、劇作家・演出家の故・如月小春とともに活動。
     2003年にNPO法人演劇百貨店を設立し、代表理事に就任。全国各地の劇場、児童館、美術館、学校な どで子どもたち とともに独自の演劇空間を作り出している。
     兵庫県立こどもの館では、演劇百貨店設立前より如月小春とともに夏休みに中高生とワークショップに よる創作劇を 指 導し現在に至っている。近年の主な仕事に、世田谷美術館の「誰もいない美術館で」「えんげきのえ」の進行、熊 本県立劇場での「アートの新たな可能性発掘プロジェクト、えずこホール「60歳からのエンゲキ」など多数。
     青山学院女子短期大学、大月市立大月短期大学、和光大学等で講師も務める。
     俳優としての活動に、演劇集団NOISEでの活動、ミュージカル「アニー」ルースター役(1999年)、「3年B組金八先   生」遠山医師役(TBS、2002年)などへの出演がある。

     


     

    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
     

    ohnishi 大西由紀子(おおにし  ゆきこ)
     ワークショップ進行・演出


     桐朋学園短期大学芸術科演劇専攻に入学し、蜷川幸雄、木村光一、岡安伸治、故・如月小春氏の指導を受ける。
     その後、如月小春氏、正嘉昭氏などが担当する演劇ワークショップの現場で活動し、積極的に子どもたちをはじめ、
     ざまざまな人たちと演劇を通じて向かい合う。
     世田谷区内、横浜市内の小、中学校における授業や部活支援などに携わり、2007年度より神奈川県立麻生総合高校で
     非常勤講師として演劇の授業を担当している。
     近年の主な活動に、世田谷パブリックシアター「デイ・イン・ザ・シアター」の進行役、『演劇ワークショップパスツァー「旅するパラソル?」』の企画、進行、『「小学生のための遊ぶ演劇ワークショップ」〜あっちこっちエンゲキ大冒険〜』の進行役など。
    これらの他にデイサービスでの高齢者とのワークショップや「工作からエンゲキ」「書からエンゲキ」「おにぎりからエンゲキ」など「〇〇からエンゲキ」のシリーズなど多彩なワークショップを行っている。
    演劇ワークショップ以外の活動として、2003年より国際公募美術展連展にて書道作品を出品し、連続入選、入賞を果たし、書道家の顔も持つ。

     
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    kei

     南波 圭(なんば けい)
     ワークショップ進行・俳優


     桐朋学園演劇科卒業後、NINAGAWA COMPANY'に入り、俳優としての活動をスタート。『グリークス』『真情あふるる 軽薄さ2001』『三文オペラ』などの蜷川幸雄演出作品に出演。退団後は、指輪ホテル『情熱』『IT'S UP TO YOU』  『Please Send Junk Food』、chelfitsch『フリータイム』や、パフォーマンスユニットNR-performanceに企画・役者として 参加。

     同時に、演劇ワークショップの進行役として演劇百貨店の活動に関わる。いつもは気づかない体の感覚を意識したワー クショップを展開している。

     近年の主な仕事に、世田谷パブリックシアター「中学生と高校生のための演劇ワークショップ2006春」(カラダの時  間・プレゼントラベルの時間)進行、夢の島熱帯植物館「ハロウィン企画」、ラ・フォルジュルネ・オ・ジャパン キッ ズプログラム進行&語り、軽井沢八月祭「街と森の音楽会」進行&語りなど。




    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    kumika

     青山 公美嘉(あおやま くみか)
     ワークショップ進行・演出


     桐朋学園大学短期学部芸術科演劇専攻にて演劇を学ぶ。 1999年に渡英し大道芸人として活動。

     帰国後、演劇百貨店のワークショップに進行スタッフとして参加。老若男女問わず愛される親しみやすいキャラクターと、幻想的 な表現感覚を駆使した進行が特徴。

     近年の主な仕事に、渋谷区立臨川小学校演劇フェスティバルに向けた演劇の授業、世田谷パブリックシアター「中学生と高校生の ための演劇ワークショップ2006春」(カイワの時間・プレゼントラベルの時間)、川崎市多摩市民館、取手アートプロジェクト関 連企画などで演劇ワークショップ進行・演出を担当など。

     2007年度より東京都立若葉総合高校で非常勤講師として演劇の授業を担当している。


    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


     いけだ とも実(いけだ ともみ)
     ワークショップ進行・俳優
     
     1986年12月6日横浜生まれ。 高校在学中に演劇百貨店のワークショップを受ける。
     卒業後、演劇百貨店の活動に関わりつつ、2005年に劇団くろひげ(現くロひげ)を立ち上げる。 小中学校や各地の劇場での演劇   ワークショップ進行役のほか、 俳優としての活動は2011年映画「重なり連なる」(監督:池田千尋)への出演、 2013年日韓共同プ  ロジェクト「つれなくも秋の風」への出演などがある。

     2014年より神奈川県立麻生総合高等学校にて非常勤講師として演劇の授業を担当。




    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    erika 酒井 詠理佳(さかい えりか)
     舞台技術・事務局


     女子美術大学卒。在学中に「ロマンチカ」の結成に参加。卒業後はフリーの舞台監督、演出部、小道具プランナーとして活動。

     1993年にNOISE公演に参加。以来演出家劇作家の故・如月小春と現場を共にする。 2003年、NPO法人演劇百貨店の設立に参加。

     こどもとの演劇作りやワークショップの現場は、「兵庫県立こども館野外移動劇」や、世田谷パブリックシアター「地域の物語」 「うっかり、ちょっと、きのこ島」など多数。


    2009.07.01 Wednesday

    スタッフプロフィール

    0

      <スタッフプロフィール>

       
      kashiwagi

      柏木 陽(かしわぎ あきら)
      演劇百貨店代表/演劇家
      1993年、演劇集団「NOISE」に参加し、劇作家・演出家の故・如月小春とともに活動。 2003年にNPO法人演劇百貨店を設立し、代表理事に就任。全国各地の劇場・児童館・美術館・学校などで、子どもたちとともに独自の演劇空間を作り出している。

      近年の主な仕事に、兵庫県立こどもの館での中高生との野外移動劇創作、世田谷美術館の中高生向けワークショップ「誰もいない美術館で」の進行など多数。青山学院女子短期大学、大月短期大学、和光大学等で講師もつとめる。

      俳優としての活動に、「ミュージカル・アニー」ルースター役(明治生命、1999年)、「3年B組金八先生」遠山医師役(TBS、2002年)などへの出演がある。

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


      ohnishi

      大西 由紀子(おおにし ゆきこ)
      ワークショップ進行・演出
      桐朋学園短期大学部芸術科演劇専攻に入学し、蜷川幸雄、木村光一、岡安伸治、故・如月小春各氏の指導を受ける。

      その後、如月小春氏、正嘉昭氏などが担当するワークショップの現場で活動し、積極的に子どもと向きあう。

      近年の主な活動に、世田谷美術館分館宮本三郎記念美術館「みんなでワッショイ!大きな大きな大蛇を作ろう!」、渋谷区立臨川小学校演劇フェスティバルに向けた演劇の授業、世田谷区内、横浜市内の小学校における授業など。また2007年度より神奈川県立麻生総合高校で非常勤講師として演劇の授業を担当している。

      演劇ワークショップ以外の活動として、2003年より国際公募美術家展連展にて書道作品を出品、入選・入賞を果たす。

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


      kei
       
      南波 圭(なんば けい)
      ワークショップ進行・俳優
      桐朋学園演劇科卒業後、NINAGAWA COMPANY'に入り、俳優としての活動をスタート。『グリークス』『真情あふるる軽薄さ2001』『三文オペラ』などの蜷川幸雄演出作品に出演。退団後は、指輪ホテル『情熱』『IT'S UP TO YOU』『Please Send Junk Food』、chelfitsch『フリータイム』や、パフォーマンスユニットNR-performanceに企画・役者として参加。

      同時に、演劇ワークショップの進行役として演劇百貨店の活動に関わる。いつもは気づかない体の感覚を意識したワークショップを展開している。

      近年の主な仕事に、世田谷パブリックシアター「中学生と高校生のための演劇ワークショップ2006春」(カラダの時間・プレゼントラベルの時間)進行、夢の島熱帯植物館「ハロウィン企画」、ラ・フォルジュルネ・オ・ジャパン キッズプログラム進行&語り、軽井沢八月祭「街と森の音楽会」進行&語りなど。

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


      kumika
       
      青山 公美嘉(あおやま くみか)
      ワークショップ進行・演出
      桐朋学園大学短期学部芸術科演劇専攻にて演劇を学ぶ。 1999年に渡英し大道芸人として活動。

      帰国後、演劇百貨店のワークショップに進行スタッフとして参加。老若男女問わず愛される親しみやすいキャラクターと、幻想的な表現感覚を駆使した進行が特徴。

      近年の主な仕事に、渋谷区立臨川小学校演劇フェスティバルに向けた演劇の授業、世田谷パブリックシアター「中学生と高校生のための演劇ワークショップ2006春」(カイワの時間・プレゼントラベルの時間)、川崎市多摩市民館、取手アートプロジェクト関連企画などで演劇ワークショップ進行・演出を担当など。

      2007年度より東京都立若葉総合高校で非常勤講師として演劇の授業を担当している。

      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


      erika
       
      酒井 詠理佳(さかい えりか)
      舞台技術
      女子美術大学卒。在学中に「ロマンチカ」の結成に参加。卒業後はフリーの舞台監督、演出部、小道具プランナーとして活動。

      1993年にNOISE公演に参加。以来演出家劇作家の故・如月小春と現場を共にする。 2003年、NPO法人演劇百貨店の設立に参加。

      こどもとの演劇作りやワークショップの現場は、「兵庫県立こども館野外移動劇」や、世田谷パブリックシアター「地域の物語」「うっかり、ちょっと、きのこ島」など多数。


      | 1/1PAGES |